電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-7-16
フローレベルルーティング方式における混雑検知性能の評価
◎宇田川雄貴・水野 修(工学院大)
現在インターネットではルーティングプロトコルとしてOpen Shortest Path First(OSPF)が広く採用されている.しかし,OSPFは,輻輳を動的に回避することが困難である.この問題を解決するために筆者らは,混雑状況を基に複数の経路を構築する.さらに,送信元IPアドレスを基に端末ごとのフローを制御しフローごとに経路を割り当てる方式を提案した.本報告では,提案手法の混雑を判断する閾値を変化させることで混雑検知性能の違いを評価する.