電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-38
フロー制御システムにおけるエッジ部でのVNF動的起動による負荷分散手法
◎有田真也・本間俊介・奥川 徹(NTT)
ネットワーク技術の高度化に伴い,従来の5tuple識別のみならず,L7レイヤーのペイロードまで分析し,制御するL7監視制御装置の導入が進んでいる.L7監視制御装置にかかる負荷は大きく,シグネチャ数やトラヒック量が増え,装置性能諸元に近づくにつれ,スループット低下や遅延といったネットワーク品質の低下をもたらす恐れがある.
本稿では,フロー検知に基づいた必要な制御機能を,動的にCPE及びエッジにVNFとして起動させ,制御を実施させることで,負荷分散する方式を新規提案する.