電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-6-17
オンデマンドNWサービス提供に向けたSDN NW保守運用機能検討
○伊藤 健・原田 翔・菊田 学・内山靖之(NTTドコモ)
近年,通信キャリアのNW機能を,専用HWではなく,汎用HW上の仮想化機能 (VM : Virtual Machine)によって提供するNFV (Network Functions Virtualization)技術が発展してきている.NFVでは,任意のHW上でのVM作成・削除や異なるHWへのVM移動など柔軟なVM制御を実現する.そのため,VMを収容するL2/L3レイヤの転送NWにおいても,SDN (Software Defined Networking)技術を用いた柔軟な構成変更が求められている.また,NW内の耐障害性や拡張容易性向上の観点から,近年Leaf-Spineモデルのアーキテクチャが採用されている.本稿では,今後のキャリアNWが目指す,NFV/SDN技術による多様なNWサービスをオンデマンドで提供するための,迅速・柔軟なNW構築/変更実現に向けての,SDN NWにおける保守運用上の一要件と課題を示し,課題解決に向けた実現検討を行う.