電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-59
5GにおけるURLLCのための再送方式に関する屋外伝送実験
○岩渕匡史・ベンジャブール アナス・岸山祥久(NTTドコモ)・Guangmei Ren・Chen Tang・Tingjian Tian・Liang Gu(Huawei Technologies)・高田輝文・鹿島 毅(Huawei Technologies Japan)
5G無線アクセスにおいてURLLCの議論がされている.3GPPではURLLCに対する要求条件として,「X バイトのパケット送信において,1ms以下の遅延かつパケット到達率99.999%を達成すること」としている.この要求条件を達成するため,新たな無線フレーム構成や再送方式等の提案がされている.本稿では,URLLCを実現し得るACK/NACK-less retransmissionを屋外伝送実験により評価する.