電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-53
高速ミリ波固定通信向け送信信号回り込み干渉低減技術の一検討
○秋田耕司・依田大輝・内田大輔・旦代智哉(東芝)
近年、第5世代移動通信システム実現に向けた検討が盛んに行われており、無線バックホールへの期待も高まっている。FDD (Frequency Division Duplex) を採用するシステムでは、送信信号が受信系に回り込むことによって発生する干渉が課題となる(図1)。特にバックホール回線のように長い通信距離が想定されるシステムでは送信信号と受信信号の電力差が大きくなり、回り込み干渉の影響が大きくなると考えられる。本稿では、送信信号回り込み干渉を低減する方式を提案し、シミュレーション評価によりその効果を確認した結果を報告する。