電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-35
マルチホップ通信システムを用いた再構成可能ネットワークコンピューティングの一検討
○田中 晶(東京高専)
生産現場や普段の生活空間においても,携帯端末,モニタリング等センサ,埋め込み型コンピュータ,ロボット等非常に多くの情報発信源が存在し,これら情報を随時に収集分析しシステム運用に反映する等のリアルタイム型のBig Data処理が想定される.膨大なデータをローカルに処理した上で集約するには多数の新たな装置やその管理が必要で,目的ごとに他の装置に交換する必要も生じ,効率的なシステム実現は困難である.そこで,設計済のヘテロジニアスマルチホップネットワークを元に,仮想プライベート回線上の端末のメモリ領域を結合してネットワーク自体が簡易な分散プロセッサとなる再構成可能ネットワークコンピューティングシステムを提案する.