電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-33
eICIC HetNet 環境下におけるUE接続比率を基準とした適応制御型CREのスループット特性
○長沼紀裕・大澤 魁(工学院大)・須山 聡・増野 淳(NTTドコモ)・大塚裕幸(工学院大)
Heterogeneous Network (HetNet) においてトラフィックをピコセルに負荷分散するCell Range Expansion (CRE) 技術が検討されている.筆者らは,UE個々の受信SINRに応じてCell Selection Offset (CSO)を選択する手法,及びマクロセル内のピコ基地局へのUE接続比率からCSOを選択する適応制御型CREを提案し評価してきた.
本稿では,セル間干渉制御(enhanced Inter-Cell Interference Coordination ; eICIC) を用いたHetNet環境下において,UE接続比率を基準とした適応制御型CREのスループット特性を評価する.