電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-5-24
下りリンクカオスNOMA伝送システムにおける盗聴者に対する秘匿性の評価
◎堀池直登・北川博規・岡本英二(名工大)・山本哲矢(パナソニック)
第5世代移動通信システムにおいて大容量通信を実現する手法の一つとして非直交多元接続方式の検討が進んでいる。そこで、我々は下りリンク向けの物理層秘匿性を有する非直交多元接続手法としてカオスNOMA(chaos non-orthogonal multiple access: C-NOMA)伝送システムを提案している。このシステムでは電力領域において複数ユーザのカオス変調信号を重畳後伝送し、その復号には自信号と重畳相手の鍵が必要となる共通鍵暗号方式である。本稿では、このシステムにおいて、共通鍵を推定し情報を盗み取ろうとする盗聴者が存在する場合を想定し、盗聴者が得る通信容量を指標に通信の秘匿性を評価する。