電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-4-31
Frequency selective surfaceを利用した電磁波吸収体の電磁波吸収機構
○吉田隆彦(同志社大)・松下正人(ニッタ)・久保田 匠・吉門進三(同志社大)
周波数選択面FSSとして機能するパターン層、吸収層、後面反射層からなるパターン電磁波吸収体の吸収メカニズムが、時間平均したポインティングベクトルを用いて調べられた。ポインティングベクトルの実部の挙動より、共振パターンへの垂直方向の電磁波入射時におけるパターン間隔部に向かう水平方向のエネルギーの流れの発生、そしてポインティングベクトルの虚部の挙動より、電磁波吸収体内部の共振パターン構成内に蓄積されるエネルギー量の大きさが評価され、この量の大小が電磁波吸収性能と結びつくことが判明した。