電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-3-4
自律分散帯域制御FDMAにおけるキャリア配置の連続性向上ための周波数スロット選択アルゴリズム
○五藤大介・阿部順一・北 直樹・山下史洋(NTT)
筆者らは,衛星帯域を動的に共有する自律分散帯域制御FDMA方式を提案している.本方式は各端末が他端末の未使用帯域を自律的に占有し,柔軟に未使用帯域を有効利用するものである.伝送方式においては,サブキャリアの分散配置が可能なSC-FDMAにフィルタを用いることで,端末間の同期を要することなく隣接間干渉を低減する方式を想定している.本稿では,提案方式において各端末が占有するスロットをランダムに選択していたことによるキャリアの分散化を防ぐスロット選択法を検討する.