電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-2-26
動画像解析を用いた係留式飛行船の飛行安定性の評価方法について
○柳田大輝・池田悠登・Que Ting Ting・佐鳥 新(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)・千葉一永(電通大)・三橋龍一(北科大)
係留式高層プラットフォームでの打ち上げ のメリットは,地上発射の代替システムとしてのトレードオフになるが、大気抵抗による散逸がなく,高度ポテンシャルをそのままにロケットを発射するロックーン方式がより効率的だと考えられる。


係留式高層プラットフォームの飛行実験に行うにあたり、実験の大型化とコストの増大が懸念され実験の試行回数を増やすことができないのが問題になっている。また、実験機に計測器を載せるだけのペイロードを確保すると、実験機の大型化は避けることができない。我々はこれらの問題を解消するために、動画像解析による飛行船の安定性の評価を行った。