電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-2-21
北極海氷下観測のための海中ロボット用電波航法の研究
○吉田 弘・菅 良太郎(JAMSTEC)・高橋応明(千葉大)・石井 望(新潟大)・陳 強・佐藤弘康・藤井直道(東北大)
北極海は氷に閉ざされているために,通常の海洋調査のように調査船を利用することができない.また,海中に器材を投入する事も困難である.このようなことから,海氷下の調査のためには,自律型の海中ロボットが提案されている.本研究ではこれまで実現されていなかった,海中ロボットの位置を氷上から電波によって計測する手法を検討する.