電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-2-7
広帯域多周波ステップCPC方式レーダーにおける周波数ステップ ランダム化による速度視野拡大効果の統計的確認
○芝 隆司・太田裕也・秋田 学・稲葉敬之(電通大)
 本稿では,広帯域多周波ステップCPC方式レーダーの速度視野拡大のための,周波数ステップのランダム配置化技術の統計評価結果を示した.N=600データの確率密度にフィッティングされたWeibull関数から計算すると,本手法でのサイドローブは,ピーク比-23dBより高いレベルで出現する確率は2.85×10**-10となった.