電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-128
RSSIを用いた屋内位置推定手法における伝搬損失補正法
◎齋藤 諒・市毛弘一(横浜国大)・石原 尚・中澤明良(村田製作所)
本稿では,受信信号強度(RSSI)を利用した屋内位置推定手法として,カルマンフィルタによる受信データの補正を行い,マス・スプリングモデルを用いて位置推定を行った場合の精度の比較を行う.また,全受信アンテナ個数より少ないアンテナのみを利用することによって,伝搬損失誤差の影響を抑制する手法を提案する.