電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-126
電波ホログラフィ法とMUSIC法を用いた2次元電波源推定
◎杉浦良幸・菊間信良・榊原久二男(名工大)
周波数不足に起因した電波干渉の増加にともない, 電波監視業務の重要性が増大している.
電波ホログラフィ法は,簡易なシステム構成で電波源の方向推定および位置の2次元平面表示が可能であることから期待されている.
本研究では, 電波ホログラフィを用いた2次元電波源推定に, 従来法であるビームフォーマ法に加え, 高分解能到来方向推定であるMUSIC法を適用し, 特性評価を行う.