電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-111
OTAによる3.5GHz帯アクティブアンテナシステムの指向性測定
◎森永崇太・佐藤啓介・佐々木 希・三浦 進・宍戸洸太・高橋行隆・佐々木克守・大島一郎(電気興業)
5Gでは,Massive MIMOに代表される高度なビーム成形技術が検討されており,その実現のためにはActive Antenna System(AAS)が必須である.AASは,無線機とアンテナを分離して無線特性を測定するのは困難である.特に無線機の特性は,Over the Air(OTA)による測定が検討されている.本稿では,5Gに向けた前検討として,LTE-Advanced用に開発した,8×8MIMO対応の3.5GHz帯AASについて述べる.また,3GPPで検討されている,OTAによる無線特性測定方法[3]を基に,開発した3.5GHz帯AASを用いた,指向性測定について述べる.