電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-108
十字分岐給電回路を用いたミリ波帯中央給電2次元マイクロストリップアレーアンテナの高利得設計
◎△毛利祐太・榊原久二男・菊間信良(名工大)
ミリ波帯で中央給電マイクロストリップアレーアンテナを設計した.ミリ波帯では低い周波数と比べ給電損失が大きくなる.中央給電にすることで給電損失を抑えられるが,放射分布中央に非放射領域が生じ,サイドローブが上昇し,利得の低下につながる.そこで給電回路を8段の十字分岐と終端2分岐で構成し,コムラインアンテナを接続し,非放射領域に素子を追加することで,平面アンテナを設計した.高利得の特性を得るため,給電回路からコムラインアンテナに一様に電力を供給する設計を行った.そこで十字分岐は幅広い分配比の制御が必要となるため,インピーダンス変成器を2段用いる設計をした.アンテナ全体の構造と特性について示す.