電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-98
折り返しスロット給電MSAを用いたUHF帯RFタグの試作結果
○柳 崇・西岡泰弘・深沢 徹・米田尚史・宮下裕章(三菱電機)
UHF帯RFID(Radio Frequency IDentification)はHF帯に比べて読み取り範囲が広く,複数のRFタグの一括読み取りが可能であることから,物流・在庫管理システムへの普及が期待されている.これまで筆者らは,国ごとに異なる周波数帯に対応でき金属面へ貼付可能な汎用RFタグ用に,高いリアクタンスを持つ負荷インピーダンスに対する広帯域整合を可能とするスロット給電MSAの設計法を提案している.本稿では,実験により本手法の有効性を検証した結果を報告する.