電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-90
ナノ機械振動子を用いたアンテナアレイの角度感度設計
○田中宏哉・延永達哉(豊田中研)・大野雄高(名大)・田所幸浩(豊田中研)
機械振動子アンテナのアレイファクタ設計手法を提案する。梁の機械振動とトンネル電流の関係
から,アンテナアレイの指向性を理論的に導出する。その結果,アレイファクタは振動子の機械
的な特性に依存するため振動子の機械特性を調節することで,アレイファクタを設計できること
を指摘する。また,梁の先端と陽極間の距離と,梁の共振周波数を調節することで,任意の方向
で最大感度が得られることを明らかにする。