電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-78
スロットを直線配列したリッジ導波管スロットアレーの基礎検討
◎宇野 孝・中本成洋・深沢 徹・米田尚史・山本剛司(三菱電機)・小西善彦(広島工大)
導波管スロットアレーアンテナにおいて、隣り合うサブアレー間で逆相給電する方式が提案されているが、スロットが官軸からオフセットされることに起因してサイドローブが高くなる課題がある。サイドローブを抑圧するには、スロットと直線状に配列することが有効であるが、各スロットの放射コンダクタンスを制御し、同位相で励振することが困難である。本稿では、リッジを屈曲させ、かつリッジ両側にある溝の深さをスロープ状に変形する構造を提案し、電磁界解析よりその効果を検証する。