電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-72
等ビーム幅3.5GHz/2GHz帯共用水平偏波FSR付ダイポールアンテナ
◎長谷川雅人・長 敬三(千葉工大)・安藤篤也(NTT)
周波数選択性反射板(FSR)付ダイポールアンテナは周波数共用基地局アンテナの実現に有効であり,FSR素子にGang Buster素子を用いることで,ビーム幅の周波数変動を抑えたセクタアンテナが構成可能である.
本報告では,水平偏波用FSRを3.5GHz帯の反射板に用いて,3.5GHz帯/2GHz帯の2周波数共用アンテナ構成を検討し,3.5GHz帯と2GHz帯でビーム幅が同じセクタパターンを実現可能なことを示す.