電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-38
ダイポール/モノポールモード一体型ダイバーシチアンテナの小形化における実験検討
○秋元晋平・西本研悟・西岡泰弘・米田尚史(三菱電機)
マルチパスフェージングを抑制するためには,ダイバーシチ方式の適用が有効である.これまでに,小形なダイバーシチアンテナとして,ダイポール/モノポールモードを利用した一体型ダイバーシチアンテナが報告されている.しかし,2モードを電気的に切り分けるためには,ショートスタブとして動作するスロットをGNDに設ける必要があり,小形化の妨げになっていた.これまでに,GNDにスロットを設けることなく2モードの切り分けが可能な一体型ダイバーシチアンテナを提案した.ここでは,実験による検証を行ったので報告する.