電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-20
都市部マクロセル環境における伝搬損失のUHF-EHF帯周波数特性
○佐々木元晴・中村光貴・猪又 稔・鷹取泰司(NTT)・北尾光司郎・今井哲朗(NTTドコモ)
第5世代移動通信システム(5G)へ向けて6GHz帯以上の高周波数帯チャネルモデルが盛んに検討されている.3GPPのモデルでは都市部マクロセル(UMa)環境の伝搬損失モデルとして,周波数特性が20log(f)であるCIモデルが使われている.しかし,その周波数特性となる根拠は明らかでない.本稿では,測定結果に基づくUMa環境の伝搬損失の周波数特性を報告する.