電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
B-1-1
圧縮センシングによる遅延プロファイル推定に基づく異なるキャリア周波数におけるCSIの推定
◎中井悠真・岩井誠人・笹岡秀一(同志社大)
FDD (Frequency Division Duplex) 方式の上り/下りチャネルのキャリア周波数は,一般にフェージングの相関帯域幅以上に周波数差があるため,両チャネルの相関性を用いて受信特性から送信チャネルCSI (Channel State Information) を取得することは不可能である.本研究では,受信チャネルのCSIから圧縮センシング (Compressed Sensing : CS) を用いて到来波の遅延プロファイル推定を行い,それを利用した送信チャネルCSIの取得を試みる.結果として,電力の小さい遅延波が少ない環境であれば,高い精度で取得できることがわかった.今後は,実際の無線通信技術への応用を検討する.