電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-19-3
ERESSにおける輻輳制御および優先制御を用いた情報拡散方式
◎上村和暉・松本航輝・和田友孝・榎原博之(関西大)・大月一弘(神戸大)
世界各地で火災やテロなどの屋内における突発的災害により多くの死傷者が発生している.主な原因として,災害発生時に被災者が災害発生場所や安全な場所などの情報を得ることができないことが挙げられる.この問題を解決するため,我々は ERESSを研究開発している.本稿では,ERESSの機能の一部となるMANETを用いた情報の交換・共有に着目する.MANETとは,火災などの災害時にサーバ等の基地局が故障した場合でも,端末のみでネットワークを構築し,避難支援情報などの必要な情報を収集・共有可能な技術である.本研究ではMANETを用いた情報の効率的な拡散方式を検討する.