電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-18-4
CSRR-BPF偽装物検出法における検出アルゴリズムの精度向上法の検討
◎大矢佑磨・前田忠彦(立命館大)
近年,指紋認証方式が普及しているが,薄い偽装物を人体に貼り付ける「なりすまし」手法が報告されており,CSRR構造を用いた帯域通過フィルタ(CSRR-BPF)を用いた偽装物検出法が提案されている.偽装物検出法に用いられる判別指標は,帯域幅や重み関数などの検討が必要である.本報告では,指標の一つである平均差への重み関数の導入を提案し,その判別精度について検討した.