電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-18-2
利用環境認識機能を有するユーザ認証システムにおける安全性向上に関する一検討
◎東 知明・山崎 恭(北九州市大)
近年,スマートデバイスが急速に普及しているが,主要な個人認証手段であるPIN やパスワードには盗視や忘失といった課題があり,必ずしも利便性や安全性の点で十分とは言えない.一方,スマートデバイス上での生体認証の利用が注目されているが,利用場所や利用形態が多岐にわたるため,生体認証を適用する際は,認証精度の低下が懸念される.そこで,我々は人や物事の変化を認識するコンテキストアウェアネス(Context Awareness)の概念に着目し,この概念を取り入れたユーザ認証システム提案と評価を行ってきたが,本稿では,当該システムの実現に向けた検討の一環として,なりすまし攻撃(Presentation Attacks)に対する安全性の向上を検討した結果について報告する.