電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-16-7
MTF測定ツールの性能比較に向けた斜めエッジ画像作成
◎池田直也・西 一樹(電通大)
カメラの解像力の評価において主観に依存しない定量評価法としてMTF(Modulation Transfer Function)が有用である. デジタル処理によりMTFを測定する際は, サンプリング定理による周波数限界の問題が存在する. この問題を解決すべく斜めエッジ法が提案され, 国際標準となっている. これを実装した各種ツールが開発されているが,測定精度の優劣を評価する方法がこれまでなかった.本研究では, 測定精度を比較する際の基準となる斜めエッジ画像を高精度に作成する方法と,これを利用したいくつかの比較実験について紹介する.