電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-10-6
他個体を参照した進化的計算による巡回セールスマン問題の解法
◎佐藤豊浩・穴田 一(東京都市大)
進化的計算は,生物の個体群の進化をモデル化したアルゴリズムで,最適化問題の解探索に用いられる.そうしたアルゴリズムであるGenetic AlgorithmとDifferential Evolutionが有する解探索過程を収束性と多様性の観点から取り入れた,巡回セールスマン問題 (TSP)の解探索を行う新たなアルゴリズムReferential Evolutionを構築した.そして,TSPLIBに掲載されているベンチマーク問題を用いて提案手法と既存手法を比較し,その有効性を確認した.