電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-8-9
Webカメラとマーカ付きデプスカメラを用いた形状復元手法
◎△池城和夫・今村弘樹(創価大)
物体形状の復元手法として,デプスカメラで取得した距離データの局所的な特徴点に基づいた手法がある.これらの手法では,特徴的な形状を持たない物体の形状復元が困難になる場合がある.そこで本研究では,Webカメラとマーカ付きデプスカメラを用いた形状復元手法を提案する.Webカメラによって認識したデプスカメラの位置・姿勢に基づいた距離データの大まかな位置合わせとICPアルゴリズムを用いることで,特徴的な形状を持たない物体の形状復元を実現する.