電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-7-9
エクスターナルグリッドにおける処理の多重化がもたらす機密性への影響
◎田中祐生・藤橋卓也・遠藤慶一・小林真也(愛媛大)
エクスターナルグリッドとは,インターネット上に存在する計算資源を統合し,分散処理をすることで高性能な処理能力を得ることができる技術である.しかし,エクスターナルグリッドはインターネット上の不特定多数の計算機でグリッドを構成するため,悪意を持った人間の所有する計算機が混入する恐れがある.この対策として,セキュアプロセッシングの研究を行ってきた.セキュアプロセッシングを用いた際,処理時間性能や処理結果の正しさ,処理内容が漏洩しないか,といった指標にトレードオフの関係があることが分かった.本稿では,セキュアプロセッシングを用いた際の処理内容が漏洩しないか,といった機密性について基礎検討を行う.