電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-7-3
小規模マイクロコントローラ上での標準ハッシュ関数およびそれらに基づくメッセージ認証関数の実装について
◎森田保成・西本賢大・廣瀬勝一(福井大)
本研究では、標準ハッシュ関数とそれらに基づくMAC関数について、4ビットおよび8ビットマイコン上での実装を行った。4ビットマイコンについてはセイコーエプソン社のS1C63666を対象とし、ISO/IECの標準軽量ハッシュ関数であるLesamnta-LW、PHOTON、SPONGENTと、NISTの標準ハッシュ関数であるSHA-256について実装性能評価を行った。8ビットマイコンについてはAtmel社のATtiny45を対象とし、Lesamnta-LWとSHA-256およびこれらを基にしたMAC関数について実装性能評価を行った。実装にはアセンブリ言語を用い、性能評価にはシミュレータ機能を用いた。