電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-5-2
圧縮型ガンマチャープフィルタとNMFを用いたピアノ曲の多重音解析
○川島岳大・市毛弘一(横浜国大)
音楽信号から楽譜を推定する多重音解析の手法として広く用いられている非負値行列因子分解では,基底スペクトル行列の定義に用いられる聴覚フィルタの再現性の低さや,基底アクティビティ行列に適用する一律なしきい値がスペクトルの相関を無視することによって,正確な推定が行えないという問題があった.そこで,本研究では,推定精度の向上を目的として,基底スペクトル行列に圧縮型ガンマチャープフィルタを用いるとともに,基底アクティビティ行列に信号増幅処理およびフレームごとのフィルタ処理を適用することで,より正確な分解と分類を行った.