電子情報通信学会ソサイエティ大会講演要旨
A-1-3
バースト信号対応TIAにおける連続型AGCの高速利得制御の検討
◎國枝 衛・小島拓也・中村 誠(岐阜大)
光アクセスシステムである PON システムにおいて, 局装置の受信部に入力される信号は信号強度や受信タイミングの異なるパケット信号となる. 各パケット信号は先頭にプリアンブル信号, その後, ペイロードが続く. 受信器に用いられるバースト信号対応 TIA (Transimpedance Amplifier) では, プリアンブル期間で各パケット信号に対して動作状態を設定する必要があり, 伝送効率を上げるために高速に応答することが求められる. 本稿では, バースト信号対応 TIA における連続型 AGC (Automatic Gain Control) の高速制御について検討を行った.