NOLTAソサイエティ

 
一般セッション

この目次は、インターネット講演申込登録のデータを元に作成されています。
また、講演者を○、◎印で示し、 ◎印は本会「学術奨励賞受賞候補者」の資格対象であることを示します。

N-1. 非線形問題

3月20日 10:45〜12:00 5号館 2F 5203セミナー室 座長 早川吉弘(仙台高専)

N-1-1 非線形性を取り入れた短期可塑性モデルの応答特性
  ○加藤秀行(大分大)
N-1-2 Time series prediction through chaotic neural network reservoir
  ○Théophane TASSY・Yoshihiko HORIO(Tohoku Univ.)
N-1-3 Echo state network によるカオス時系列予測
  ◎篠崎亜怜・宮野尚哉(立命館大)・堀尾喜彦(東北大)
N-1-4 単方向リング結合非線形共振器の同期/非同期境界に関する考察
  ◎片上 魁・引原隆士(京大)
N-1-5 十字型の結合発振器の系で位相反転波動が中心の発振器を透過する際の瞬時電力の挙動
  ◎田中幹也・山内将行(広島工大)

3月20日 13:00〜16:15 5号館 2F 5203セミナー室 座長 松岡祐介(米子高専)

N-1-6 リング結合デジタルスパイキングニューロンの同期現象
  ○内田厚研・斎藤利通(法政大)
N-1-7 簡素な進化的アルゴリズムによる所望のデジタルスパイクマップの合成
  ○新井 颯・斎藤利通(法政大)
N-1-8 簡素な特徴量に基づく分岐ニューロンの動作解析
  ○杉田和也・斎藤利通(法政大)
N-1-9 ダイオードを含む強制BVP発振器にみられる悪魔の階段について
  ◎高橋宏彰(大分大)・麻原寛之(岡山理科大)・高坂拓司(大分大)・稲葉直彦(明大)
N-1-10 ニューラルネットワークを用いた卓球フォームの分類
  ○千田正史・佐藤慶太・髙橋晶子・藤木なほみ・早川吉弘(仙台高専)
N-1-11 ウェアラブルデバイスを用いた行動の自動分類システムの検討
  ○佐藤慶太・千田正史・髙橋晶子・藤木なほみ・早川吉弘(仙台高専)

休 憩(14:45 再開)  座長 山内将行(広島工大)

N-1-12 矩形波しきい信号をもつスパイキングニューロンの発火特性
  ○松岡祐介(米子高専)
N-1-13 並列化光電入力昇圧コンバータの動作解析
  ○國井裕介・斎藤利通(法政大)
N-1-14 並列化降圧コンバータの頑強性について
  ◎神崎大飛・安藤海斗・斎藤利通(法政大)
N-1-15 PSOに基づく動的最大電力点追従用昇圧コンバータの制御
  ○安川 新・斎藤利通(法政大)
N-1-16 PSOに基づく離散力学系の複数周期点探索
  ○沖津怜直・斎藤利通(法政大)
N-1-17 時変ルールを用いた基本セルオートマトンの周期的パターンの解析
  ○小沢高広・斎藤利通(法政大)

3月21日 9:00〜12:00 5号館 2F 5203セミナー室 座長 藤原寛太郎(東京理科大)

N-1-18 整数ロジスティック写像の応答より生成した乱数列の統計的解析
  ◎△金丸志生(東京理科大)・島田 裕(埼玉大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-19 重み付き有向ネットワークの指標を用いた多言語間の比較
  ○多々良真弓美(東京理科大)・島田 裕(埼玉大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-20 K番目の最短経路を使用したグラフ的シュタイナー木構築法
  ◎△藤田実沙(東京理科大)・木村貴幸(日本工大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-21 対数を含む誤差関数に基づくNMFの乗法型更新式の新たな統一的導出法
  ◎高祖晶弘・高橋規一(岡山大)
N-1-22 数理モデルによる膵β細胞のTRPM2チャネル活性の再現
  ○笠原宏太朗(東京理科大)・島田 裕(埼玉大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)

休 憩(10:30 再開)  座長 高橋規一(岡山大)

N-1-23 高速株式取引データに対する非線形解析
  ◎山本紘平・島田 裕・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-24 ジョイントリカレンスプロットによる瞬目同期の時間スケール解析
  ○△野村亮太・池口 徹(東京理科大)
N-1-25 CNNを用いた心拍データの異常検出
  ◎尾越和人・北島博之(香川大)
N-1-26 サロゲートデータ法を用いたカオスMIMOシステムの性能解析
  ◎山崎 凌(東京理科大)・島田 裕(埼玉大)・藤原寛太郎・池口 徹(東京理科大)
N-1-27 マルチモード半導体レーザを用いた共通信号入力同期における帯域制限の影響
  ○山崎和人・富山 真・内田淳史(埼玉大)・吉村和之(NTT / 鳥取大)・犬伏正信(NTT)
N-1-28 3つの一方向結合された半導体レーザにおける帯域拡大カオスとエントロピーの数値計算
  ○川口 佑・吉屋圭悟・小田航也・内田淳史(埼玉大)
N-2. 複雑コミュニケーションサイエンス

3月21日 13:00〜14:30 1号館 2F  1226セミナー室 座長 木村貴幸(日本工大)

N-2-1 電力パケット伝送系における配線占有率に関する数値的検討
  ◎片山慎治・白 成哲・引原隆士(京大)
N-2-2 A Cluster Analysis on Distributed Power Sources for Designing Virtual Power Plant
  ◎SATYAM SINGH・TAKASHI HIKIHARA(Kyoto Univ.)
N-2-3 カスケード故障に対するルーティング戦略
  ◎内山直弥・林 幸雄(北陸先端大)
N-2-4 非正規化異常度を用いた深層生成モデルによる工業製品の異常検知
  ◎立花亮介・松原 崇・上原邦昭(神戸大)
N-2-5 CNN のフィルタを生成するサブネットワークによる サイズ可変な CNN
  ◎鵜飼健矢・松原 崇・上原邦昭(神戸大)
N-2-6 有相関通信路における上りリンク大規模カオスMIMO伝送方式の特性評価
  ◎堀池直登・岡本英二(名工大)・山本哲矢(パナソニック)