電子情報通信学会総合大会講演要旨
B-21-21
直交座標型ロボットへの電界結合WPTシステムの開発
◎大黒康平・植村 渉(龍谷大)・粟井郁雄(リューテック)
本稿では,直交座標型ロボットへの電界結合方式での非接触給電システムを提案している.入出力合わせて4極板を用いているが両者はGNDを共有しているため,1段あたり3つのπ型配置容量で表すことができる.電源から負荷側を見ると,直列共振と並列共振があるが,ここでは直列共振を用いて電力伝送を行っている.直列共振は後ろのシャントCの影響のみを受けるため,その容量を小さくする構造が有効である.システムの伝送実験において,変動負荷に供給される電力はその変動に追従し,それ以外の負荷に供給される電力は一定となったことより,直交座標型ロボットでの複数負荷に対する電力供給が可能であるということが明らかにされている.