電子情報通信学会総合大会講演要旨
AT-2-2
細胞の全代謝動力学モデルの開発
倉田博之(九工大)
バイオ燃料や医薬品の代謝中間体を含む有用物質を効率的に生産する微生物細胞の合理的設計(細胞工場)が注目されている.増殖が速く,生物学的知見が豊富に存在する大腸菌は,細胞工場の最も有望な微生物である.目的物質の生産能力を遺伝子レベルから合理的に設計するために,環境変化や遺伝子組換えに対して,細胞の増殖や代謝変化を正確に予測できる数学モデルが必要である.我々は,細胞全代謝モデルの構築を目指し,大腸菌の中心炭素代謝システムの動力学モデルを開発した.