電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-4-4
高校、大学が求める高大連携とは?−学力問題とその周辺について−
竹内英人(名城大)
高校で11年間、大学で12年間の教員経験から見た、近年の生徒・学生の特徴を取り上げ、特に学力問題に焦点を当て、これからの時代に求められる「真の高大連携」とは何かについて考える。
特に2020年の入試改革に向けて、高校と大学がどのように連携して、生徒・学生の学力向上に努めるかを「数学科におけるアクティブラーニング」の例を挙げて、生徒、学生の主体的な学びについて考える。