電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-1-1
安全運転支援を支えるセンシング技術
澤田 学(デンソー)
近年、自動車の安全性に対する関心が高まり、衝突時の乗員保護を目的とした衝突安全技術に加え、衝突回避を支援するような高度運転支援システム(ADAS)をはじめとする予防安全技術が急速に普及しつつある。運転行動の基本となる「認知」「判断」「操作」のうち、「認知」は周辺環境を認識するものであり、高度運転支援においても重要な役割をもつ。本講演では、安全運転支援を支える技術として、「認知」に不可欠なセンシング技術を紹介する。
TK-1-2
マルチモード光ファイバを用いた車載センサネットワーク
各務 学(豊田中研)
センサフュージョンと人口知能を用いた自動運転を実現するために,高速・高信頼性なセンサネットワーク開発と国際標準化が活発化している.本講演では,日本が主導する光ファイバソリューション概要とその国際標準化活動,および,著者らが開発した光ファイバ中の伝搬モード分布管理技術“Total MPD Management”を用いた光通信シミュレータについて紹介する.
TK-1-3
大規模運転データの収集とその活用
宮島千代美(名大)
名古屋大学や関連機関における大規模な運転データの収集とその研究事例について紹介するとともに,大規模運転データを保管・活用・共用する上での,データの圧縮・検索・秘匿化方法などついて議論する.
TK-1-4
移動ロボットの環境認識技術
三浦 純(豊橋技科大)
ロボットの安全な移動やユーザへの適切なサービスの提供には,人物を含む周囲環境の認識が必要である.本講演では,地図生成と位置推定,移動可能領域の検出,人物の検出と識別などの環境認識技術について紹介する.