所属索引

 

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

K

Kagoshima Univ. B-1-185 A design of Ring Antenna for Dual-sense Circular Polarization
  ○Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)・Kittima Lertsakwimarn(Rambhai Barni Rajabhat Univ.)・Chuwong Phongcharoenpanich(King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang)・Mareki Honma(NAOJ)・Keitaro Takahashi(Kumamoto Univ.)・Hiroyuki Nakanishi(Kagoshima Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Kagoshima Univ. CK-2-5 Dual-band Dual-pole Antenna for compatibility of MPT with communication
  ○Naoki Hasegawa(Kyoto Univ.)・Ju Hyeonjae(JAXA)・Satoshi Yoshida(Kagoshima Univ.)・Akihira Miyachi・Makoto Matsunoshita(JAXA)・Kenjiro Nishikawa(Kagoshima Univ.)・Naoki Shinohara(Kyoto Univ.)・Shigeo Kawasaki(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
Kansai Univ. A-18-7 Correlation Coefficients for Colored Pixels as Visible-Light Paper Artifact-Metrics
  ○Hidenori Kuwakado(Kansai Univ.)(3月15日発表 センター2号館 4F 2409)
Kansai Univ. BS-3-44 Initial Evaluation of Acoustic Vehicle Count System utilizing Dynamic Time Warping
  ◎Song Liu・Shigemi Ishida・Kohei Mimura(Kyushu Univ.)・Shigeaki Tagashira(Kansai Univ.)・Akira Fukuda(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Kazimierz Wielki Univ. BS-3-18 Multiservice queuing system with elastic traffic
  ○Maciej Stasiak・Slawomir Hanczewski・Damian Kmiecik(Poznan Univ. of Tech.)・Joanna Weissenberg(Kazimierz Wielki Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2212)
KCCSモバイルエンジニアリング B-1-20 高移動局高に向けた都市部電波伝搬モデルの一検討
  ○小林賢司(KCCSモバイルエンジニアリング)・中野雅之(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
KDDI BP-1-3 “KDDIにおける5Gへの取り組み” 5G時代の周波数利用法に関する考察
  ○松永 彰・本多輝彦・末柄恭宏(KDDI)(3月17日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI BS-6-10 定置網を想定した海中Webカメラシステムの検討と実験
  ○田中 駿(長岡技科大)・福嶋正義(KDDI)・山本 寛(立命館大)・山崎克之(長岡技科大)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
KDDI D-14-3 音声対話システムの時間帯による発話傾向の分析
  ○住友亮翼・呉 剣明(KDDI研)・徐 昕(KDDI)・矢崎智基(KDDI研)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
KDDI D-14-4 パーソナライズ情報を提供するクロスデバイス型対話エージェント
  ○呉 剣明・住友亮翼・萩谷俊幸(KDDI研)・徐 昕(KDDI)・矢崎智基(KDDI研)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
KDDI DI-1-1 PRACTICE ― 国際連携によるサイバー攻撃の予知・即応プロジェクト ―
  千賀 渉・○蒲谷武正・村上洸介・中尾康二(KDDI)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
KDDI DI-1-7 PRACTICEダークネットトラヒックへの時系列解析とスキャン特徴量によるスキャンツール等の分類
  ○村井健祥・古本啓祐(神戸大)・村上洸介(KDDI)・中尾康二(NICT)・森井昌克(神戸大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
KDDI R&D Labs. B-5-42 Performance Evaluation of Macro-controlled Beamforming Protocol for LTE/WiGig Aggregation in Millimeter-wave Heterogeneous Networks
  ◎Hailan Peng・Kazuya Moriwaki・Yasuhiro Suegara(KDDI R&D Labs.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI R&D Labs. B-17-39 Capacity Improvement for Mobile Indoor Radio System by Spatial Division
  ○Bingxuan Zhao・Hayato Kakiuchi・Tomoki Sada・Shingo Watanabe(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2202)
KDDI R&D Labs. BS-3-25 Tackling eNB RLC Buffer Overflow by AQM based Congestion Control in 4G/LTE Network
  ◎Anup Kumar Paul・Hidehiko Kawakami・Atsuo Tachibana・Teruyuki Hasegawa(KDDI R&D Labs.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
KDDI R&D Labs. C-14-3 Real-Time Data Transmission over Millimeter-wave Radio-Over-Fiber Links
  ○Abdelmoula Bekkali・Kosuke Nishimura(KDDI R&D Labs.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2208)
KDDI研 A-7-9 最適な認証方式を選択可能にする統合認証プラットフォームの提案
  ◎奥井宣広・太田陽基・渡辺 龍・清本晋作(KDDI研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1406)
KDDI研 B-1-20 高移動局高に向けた都市部電波伝搬モデルの一検討
  ○小林賢司(KCCSモバイルエンジニアリング)・中野雅之(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
KDDI研 B-1-22 混雑した横断歩道における5GHz帯伝搬損失推定式
  ○保海佳佑・岩井誠人(同志社大)・新保宏之(ATR)・定 知生・渡辺伸吾(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
KDDI研 B-1-32 ストリートセルモデルにおける直交偏波MIMO方式のチャネル容量
  ◎松岡大智・石川博康(日大)・北藪 透・中野雅之(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2403)
KDDI研 B-1-70 2周波数共用4MIMO屋内アンテナの特性
  ◎林 合祐・中野雅之(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 4F 2403)
KDDI研 B-1-98 筒状周波数選択膜を用いた指向性調整について
  ○高野豊久・山岸 傑(住友電工)・中野雅之・林 合祐(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2404)
KDDI研 B-3-1 災害通信におけるUAの飛行経路と地上アンテナの検討
  ◎本間寛明・樫木勘四郎・渡辺伸吾・竹内和則(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
KDDI研 B-5-35 異なるSubCarrier Spacing通信隣接時の各OFDM方式間の特性比較
  ◎柴山昌也・戸田和秀・橋本典征・Thomas Bourgeois・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI研 B-5-36 Suppressed-Tail DFT-Spread UF-OFDMの提案と評価
  ◎橋本典征・Thomas Bourgeois・戸田和秀・柴山昌也・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI研 B-5-37 UF-OFDMのPAPR特性に関する定量評価
  ◎戸田和秀・柴山昌也・橋本典征・ブルジョア トマス・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI研 B-5-41 ミリ波ヘテロジーニアスネットワークにおける基地局負荷を考慮したスモールセル選択手法に関する検討
  ○森脇和也・彭 海蘭・末柄恭宏(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI研 B-6-28 ユーザの実際のWebブラウジング情報によるDrive-by Download攻撃検出手法の検証
  ○松中隆志・山田 明・窪田 歩(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
KDDI研 B-6-43 ホワイトボックススイッチを用いたNWに対する検証自動化システムの設計
  ○渋谷惠美・川上秀彦・峯木 厳・長谷川輝之(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2210)
KDDI研 B-6-74 パワースペクトルを用いた通信フロー分類の精度向上に関する検討
  ◎縄田秀一・鈴木理基・小頭秀行・北原 武(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2211)
KDDI研 B-7-1 SDNスイッチとCCNルータを用いた協調転送方式に関する一検討
  ◎植田一暁・横田健治・田上敦士(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
KDDI研 B-7-41 コンテンツの先読み配信における暗号化通信の一検討
  ◎横田健治・栗原 淳・田上敦士(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2209)
KDDI研 B-7-58 スマートフォンのIoTデータ収集動作に関わる消費電力実験評価
  ◎土岐 卓・大岸智彦(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
KDDI研 B-8-36 整数計画法に基づくモバイルフロントホール網の最適設計法
  ◎阿形直起・西 直也・難波 忍・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2401)
KDDI研 B-8-72 IMDD方式に適用可能な周波数領域電気分散補償法に関する検討 (1) 〜理論的な厳密解との比較〜
  ○田中和樹・小林 嵩・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
KDDI研 B-8-73 IMDD方式に適用可能な周波数領域電気分散補償法に関する検討(2)〜冗長度とバッファ遅延に関する検討〜
  ◎小林 嵩・田中和樹・縣 亮・西村公佐(KDDI研)(3月18日発表 センター2号館 4F 2401)
KDDI研 B-10-30 モード交換によるモード間群遅延差の低減手法
  ◎若山雄太・相馬大樹(KDDI研)・五十嵐浩司(阪大)・多賀秀徳・釣谷剛宏(KDDI研)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
KDDI研 B-10-31 部分MIMOによる81km 7モード多重伝送実験
  ◎相馬大樹・若山雄太・竹島公貴(KDDI研)・五十嵐浩司(阪大)・釣谷剛宏(KDDI研)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
KDDI研 B-10-34 クラッド励起マルチコアEDFAにおける信号入力パワー変動の他コアへの影響に関する一検討
  ◎竹島公貴・釣谷剛宏(KDDI研)(3月15日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
KDDI研 B-10-47 Duobinary整形DP-QPSK信号に対するターボ等化の性能評価実験
  ◎袁 帥・五十嵐浩司(阪大)・釣谷剛宏(KDDI研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
KDDI研 B-10-53 64-Gbaud PDM-QPSK信号のプリフィルタリングによる信号特性改善方式の一検討
  ◎川口 優・釣谷剛宏(KDDI研)(3月16日発表 西講義棟 3F 第3講義室 )
KDDI研 B-14-15 時間付きマルコフモデルを用いた障害検知に関する一検証
  ◎近藤喜芳・立花篤男(KDDI研)・下園幸一(鹿児島大)・長谷川輝之・阿野茂浩(KDDI研)・山之上 卓(福山大)(3月16日発表 センター1号館 4F 1408)
KDDI研 B-14-24 複数VNFに対するSOMクラスタリング異常検知手法の適用
  ◎丹羽朝信・宮澤雅典・林 通秋(KDDI研)(3月18日発表 センター1号館 4F 1408)
KDDI研 B-16-10 オープンソースのIPv6対応状況について
  ○笹野義二・中川 久(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
KDDI研 B-17-6 OFDM 信号のCyclic Prefix(CP)を利用した特徴検出方式の応用 -シンボル時間同期ずれ並びに受信キャリア電力比の推定-
  ○樫木勘四郎・定 知生・山口 明・渡辺伸吾(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2202)
KDDI研 B-17-21 LTEシステムにおけるD2D UE to Network Relay通信の適用可能性に関する一検討
  ◎北川幸一郎・流田理一郎・末柄恭宏(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 2F 2202)
KDDI研 B-18-7 携帯電話通信時に得られる位置情報を用いた速度推定手法の提案
  ○小林 直・石塚宏紀・南川敦宣・小野智弘(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2213)
KDDI研 B-18-52 920MHz帯無線を用いたM2Mゲートウェイの同時接続数削減手法の評価
  ◎吉田将也・吉原貴仁(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2216)
KDDI研 BI-6-4 通信行動のモデル化とその応用
  新井田 統(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2208)
KDDI研 BP-6-2 M2M/IoT関連の標準化動向
  杉山敬三(KDDI研)(3月17日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
KDDI研 BP-7-2 5G時代のモバイルコアネットワーク
  北辻佳憲(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 3F 2303)
KDDI研 BS-2-4 Bluetooth Low Energyを用いたアドホックネットワークの構築
  ◎加藤拓也・伊藤 篤・藤井雅弘・羽多野裕之・渡辺 裕(宇都宮大)・宇都宮栄二(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2215)
KDDI研 D-11-52 MV-HEVCを用いた低遅延映像伝送方式の検討
  ○河村 圭・内藤 整(KDDI研)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
KDDI研 D-11-53 レンズ歪み補正付き動き補償方式の検討
  ○高木政徳・渡辺 裕(早大)・河村 圭・内藤 整(KDDI研)(3月18日発表 総合学習プラザ 2F 第14講義室)
KDDI研 D-12-52 バンドル調整に基づくオンライン法線方向推定
  ◎小林達也・加藤晴久・柳原広昌(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 3F 2307)
KDDI研 D-14-3 音声対話システムの時間帯による発話傾向の分析
  ○住友亮翼・呉 剣明(KDDI研)・徐 昕(KDDI)・矢崎智基(KDDI研)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
KDDI研 D-14-4 パーソナライズ情報を提供するクロスデバイス型対話エージェント
  ○呉 剣明・住友亮翼・萩谷俊幸(KDDI研)・徐 昕(KDDI)・矢崎智基(KDDI研)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第15講義室)
KDDI研 D-19-6 マルチドメインSDN連携アプリケーションのセキュリティに関する考察
  ◎溝口誠一郎(KDDI研)・宮崎亮輔(九大)・松中隆志・山田 明・窪田 歩(KDDI研)・松本晋一・川本淳平(九大)・堀 良彰(佐賀大)・櫻井幸一(九大)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
KDDI研 D-19-12 ゲーム理論を用いたプライバシに配慮したデータ提供についての考察
  ◎三本知明・披田野清良・清本晋作(KDDI研)(3月17日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
KDDI研 D-20-12 時系列ヘルスケアデータを用いた潜在的ディレクレ配分法による生活習慣病発症予測
  ○永田雅俊・松本一則・橋本真幸(KDDI研)(3月15日発表 センター2号館 4F 2408)
KDDI研 D-22-12 装飾を施した卓上型ロボットの受容性検証
  ○高山伸也・酒澤茂之(KDDI研)・愛澤伯友(名古屋学芸大)(3月15日発表 センター1号館 4F 1406)
KDDI研 DI-1-3 ISP運用におけるハニーポットセンサ観測データを用いたサイバー攻撃予測の評価
  ◎浦川順平・澤谷雪子・山田 明・窪田 歩(KDDI研)・牧田大祐・吉岡克成・松本 勉(横浜国大)(3月18日発表 西講義棟 3F 第4講義室 )
KDDI研 H-1-8 スマートフォンの長時間利用抑止を目的とした心理的うながしシステムの検討
  ○本庄 勝・斎藤長行・橋本真幸(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
KDDI研 H-1-9 リプライ情報を参照するTwitterからの原因抽出
  ◎小松恭子・石先広海・松本一則・滝嶋康弘(KDDI研)(3月17日発表 センター2号館 2F 2205)
KDDI研 NBS-1-9 プライバシーリスク分析手法の高速化
  ◎三本知明・Anirban Basu・清本晋作(KDDI研)(3月16日発表 センター2号館 4F 2402)
KDDI研 TK-3-5 NFV/SDN時代に向けたオープン化と標準化、技術チャレンジ
  林 通秋(KDDI研)(3月16日発表 センター1号館 4F 1403)
King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang CK-2-1 Latest trends of microwave technology in Thailand
  Krairiksh Monai(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang CK-2-4 Microwave Sensor for Defected-Fruit Classification
  ○Prapan Leekul・Chinarong Kittiyanpunya・Sorawat Chivapreecha・Monai Krairiksh(King Mongkut's Inst. of Tech. Ladkrabang)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang B-1-185 A design of Ring Antenna for Dual-sense Circular Polarization
  ○Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)・Kittima Lertsakwimarn(Rambhai Barni Rajabhat Univ.)・Chuwong Phongcharoenpanich(King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang)・Mareki Honma(NAOJ)・Keitaro Takahashi(Kumamoto Univ.)・Hiroyuki Nakanishi(Kagoshima Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok CK-2-3 Combination of Substrate Integrated Waveguide and Microstrip Structure for Controllable Wideband Bandpass Filters
  ○Chudpooti Nonchanutt(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)・Chaimool Sarawuth(Udon Thani Rajabhat Univ.)・Akkaraekthalin Prayoot(King Mongkut's Univ. of Tech. North Bangkok)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
Kochi Univ. of Tech. B-13-12 Frequency Span Broadening in OFDR using FWM and DSB-SC Modulation
  ◎Mudabbir Badar・Hirokazu Kobayashi・Katsushi Iwashita(Kochi Univ. of Tech.)(3月16日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
Kogakuin Univ. BS-3-10 Performance Evaluation A Multipath Routing Method using Available Bandwidths on OpenFlow Networks
  ○Tomoyuki Kamiyama・Osamu Mizuno(Kogakuin Univ.)(3月15日発表 センター2号館 2F 2212)
Komatsu B-1-188 Electromagnetic Analysis of Electric Field Distributions for UHF RFID Antennas in Closed Space
  ○Anh Tuan Luong・Naoto Nishiyama・Toshio Sugaya・Naobumi Michishita・Hisashi Morishita(National Defense Academy)・Takayuki Koshi(Komatsu)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
KRI C-3-12 Eu-Alポリマーコンポジット添加光導波路の作製と小型光増幅デバイスへの応用
  ◎三谷真利奈(慶大)・山下兼一(京都工繊大)・三木 瞳・福井俊巳(KRI)・石榑崇明(慶大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2207)
Kumamoto Univ. B-1-185 A design of Ring Antenna for Dual-sense Circular Polarization
  ○Takeshi Fukusako(Kumamoto Univ.)・Kittima Lertsakwimarn(Rambhai Barni Rajabhat Univ.)・Chuwong Phongcharoenpanich(King Mongkut’s Inst. of Tech. Ladkrabang)・Mareki Honma(NAOJ)・Keitaro Takahashi(Kumamoto Univ.)・Hiroyuki Nakanishi(Kagoshima Univ.)(3月17日発表 センター2号館 4F 2404)
Kyoto Univ. A-17-8 A Study on Adaptive Modulation for CSMA/CA Based MIMO Communication-Based Train Control Systems
  ◎QiSheng Dong・Kazunori Hayashi・Megumi Kaneko・Takuya Kamenosono(Kyoto Univ.)(3月18日発表 センター1号館 4F 1401)
Kyoto Univ. B-5-114 Performance Evaluation of Beamforming Technique for MU-MIMO Transmission Using 3D Ray Launching
  ○ILMIAWAN SHUBHI・Hidekazu Murata(Kyoto Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
Kyoto Univ. CK-2-5 Dual-band Dual-pole Antenna for compatibility of MPT with communication
  ○Naoki Hasegawa(Kyoto Univ.)・Ju Hyeonjae(JAXA)・Satoshi Yoshida(Kagoshima Univ.)・Akihira Miyachi・Makoto Matsunoshita(JAXA)・Kenjiro Nishikawa(Kagoshima Univ.)・Naoki Shinohara(Kyoto Univ.)・Shigeo Kawasaki(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
Kyushu Inst. of Tech. BS-3-42 A Database-Assisted Collision Aware Data Channel Selection for V2V Communication: Practical Evaluation
  ◎Hitoshi Nakao・Kazuya Tsukamoto・Masato Tsuru・Yuji Oie(Kyushu Inst. of Tech.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Kyushu Inst. of Tech. BS-3-43 Hybrid Sensing/Database Approach to Detect White Spaces for Vehicular Communication
  ◎Yuya Takemoto・Kazuya Tsukamoto(Kyushu Inst. of Tech.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Kyushu Inst. of Tech. C-12-36 Segment Transmission Line by Using Improved Disaster Quantum Genetic Algorithm
  ○Kaixiang Luo・Masayuki Kurosaki・Hiroshi Ochi(Kyushu Inst. of Tech.)(3月17日発表 センター2号館 2F 2204)
Kyushu Univ. B-5-107 A Study on Pilot Resource Allocation for Spectrum Sharing Massive MIMO Systems
  ◎Wanming Hao・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Haris Gacanin(The Alcatel-Lucent, Antwerp, Belgium)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2304)
Kyushu Univ. B-5-168 Maxmin Optimization Model for Channel Assignment in Wireless LANs
  ◎Mohamed Elwekeil・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Masoud Alghoniemy(Univ. of Alexandria)・Adel Abdel-Rahman(E-JUST)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 3F 2305)
Kyushu Univ. B-18-40 A Simplified Stackelberg Game Approach for Securing Data Trustworthiness in Wireless Sensor Networks
  ◎Mohamed Abdalzaher・Osamu Muta(Kyushu Univ.)・Karim Seddik(American Univ. in Cairo)・Adel Abdel-Rahman(E-JUST)・Hiroshi Furukawa(Kyushu Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2216)
Kyushu Univ. BS-3-44 Initial Evaluation of Acoustic Vehicle Count System utilizing Dynamic Time Warping
  ◎Song Liu・Shigemi Ishida・Kohei Mimura(Kyushu Univ.)・Shigeaki Tagashira(Kansai Univ.)・Akira Fukuda(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
Kyushu Univ. C-3-42 Dry Etching of Ge by Using CHF3 Inductively Coupled Plasma for Ge Waveguides
  ○Ahmad Syahrin Idris・Jiang Haisong・Kiichi Hamamoto(Kyushu Univ.)(3月18日発表 センター2号館 2F 2207)
Kyushu Univ. C-4-9 Theoretical Modelling of Photon-Photon Resonance on Active Multimode Interferometer Laser Diode
  ◎Bingzhou Hong・Mohammad Nasir Uddin・Takuya Kitano(Kyushu Univ.)・Akio Tajima(NEC)・Haisong Jiang・Kiichi Hamamoto(Kyushu Univ.)(3月16日発表 センター2号館 2F 2206)
Kyushu Univ. C-7-9 Micromagnetic simulation of domain wall propagation along magnetic strip with spatially modulated material parameters
  ◎Zhaojie Zhang・Terumitsu Tanaka・Kimihide Matsuyama(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター2号館 3F 2301)
Kyushu Univ. DS-1-3 (依頼講演)Oscillations in Population Protocols
  ○Anissa LAMANI・Masafumi Yamashita・Yukiko Yamauchi(Kyushu Univ.)(3月15日発表 センター1号館 4F 1408)