所属索引

 

上段の索引文字をクリックしてご検索ください。
(この索引はインターネットで申し込まれたデータをもとに作成しています。)

 

J

JAEA B-7-13 視覚分析のためのP2Pネットワーク階層最適化
  ○Hsiang-Yun Wu(慶大)・高橋成雄(会津大)・宮村(中村)浩子(JAEA)・大坐畠 智(電通大)・中尾彰宏(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
JAEA B-7-14 階層最適化を用いたネットワークグラフレイアウト
  ○宮村(中村)浩子(JAEA)・Hsiang-Yun Wu(慶大)・高橋成雄(会津大)・大坐畠 智(電通大)・中尾彰宏(東大)(3月15日発表 センター2号館 2F 2209)
JAIST A-10-16 rERA: An Optimization Algorithm of Task Dependency Graph for Scheduling
  ◎Zhuo Cheng・Yasuo Tan・Yuto Lim(JAIST)(3月16日発表 総合学習プラザ 2F 第13講義室)
JAIST B-7-43 Study of Balanced Cooperative Coding Scheme for Linear Data Exchange Problem
  ○LIN NYAN・Rithea NGETH・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
JAIST B-7-44 Network Coding Scheme based on Selection of Number Input Packets in X-topology Network
  ○Rithea NGETH・LIN NYAN・Yasuo TAN・Yuto LIM(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2209)
JAIST BS-3-24 Exploiting the Dynamics of Rayleigh Fading Channels for Wireless High-Dense Networks with Multiple Relays
  ◎Khoirul Anwar(JAIST)(3月17日発表 センター2号館 2F 2212)
JAIST BS-3-39 Estimating Source Correlation Online in Massive Multiway Multirelay Networks
  ◎HASAN MOHAMMAD NUR・ANWAR KHOIRUL(JAIST)(3月18日発表 センター2号館 2F 2212)
JAMSTEC A-9-2 水中における短波帯広帯域電波伝搬特性
  ○広瀬 幸・小林岳彦(東京電機大)・岩切直彦(NICT)・吉田 弘(JAMSTEC)(3月16日発表 センター2号館 3F 2309)
JAMSTEC B-2-28 SIMO-OFDM信号を用いた水中チャネルサウンディング実験
  ○岩切直彦(NICT)・広瀬 幸(東京電機大)・吉田 弘(JAMSTEC)(3月16日発表 センター1号館 4F 1401)
JAXA AS-3-4 宇宙での光通信の紹介と、可視光通信技術の宇宙応用の検討
  ○荒木智宏(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 3F 2309)
JAXA B-1-192 Direction of Arrival and Magnitude Estimation by the Prony Method with Consideration of Damping Factor
  ○Toshihiro Sezai(JAXA)(3月15日発表 センター2号館 4F 2406)
JAXA B-2-1 衛星「しずく」搭載高性能マイクロ波放射計AMSR2のためのアンテナパターン整合輝度温度データセット
  ○前田 崇(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
JAXA B-2-2 衛星自動運用システムにおける診断機能の汎用性向上
  ○永松弘行(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
JAXA B-2-4 将来月探査ミッションに向けた光通信捕捉追尾の基礎検討
  ○小林雄太・向井達也・荒木智宏(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
JAXA B-2-5 月惑星着陸機のための単一画像を用いた速度推定の試み
  ◎狩谷和季(総研大)・福田盛介(JAXA)(3月15日発表 センター1号館 4F 1401)
JAXA B-3-18 海上ブイに適した衛星データ通信用アンテナ設置機構
  ○山本伸一・岩切直彦(NICT)・寺田幸博(高知高専)・岩﨑匡宏・越川尚清(JAXA)・和田 晃(日立造船)・加藤照之(東大)・多田光男(弓削商船高専)(3月16日発表 センター2号館 3F 2301)
JAXA BI-1-2 光によるデータ中継衛星:新たな宇宙通信インフラの構築
  山川史郎(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 3F 2301)
JAXA BI-8-11 宇宙機の高性能化に活用される光ファイバセンシング
  水谷忠均(JAXA)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
JAXA BS-5-2 宇宙における次世代パワーデバイスの活用
  ○水田栄一・仲田祐希・鈴木浩一(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
JAXA BS-5-3 次世代パワーデバイス適用に向けた宇宙機電源システムの研究
  ○岩佐 稔・内藤 均・艸分宏昌(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 3F 2310)
JAXA C-2-20 5.8GHz帯MPTシステムおよび太陽電池を用いて給電する2.4GHz帯ワイヤレスセンサネットワークシステムの基礎検討
  ○吉田賢史(鹿児島大)・川崎繁男(JAXA)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
JAXA C-2-21 WiCoPT実現に向けた整流器変換効率のシンボルレート依存性
  ◎嶋村 仁・榊 裕翔・吉田賢史・西川健二郎(鹿児島大)・川﨑繁男(JAXA)(3月16日発表 センター2号館 2F 2214)
JAXA C-2-107 精密計測結果に基づく窒化ガリウムダイオードモデルの検討
  ○岸川諒子・堀部雅弘(産総研)・宮地晃平・松野下 誠・川﨑繁男(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
JAXA C-2-108 小型衛星内での通信および無線電力伝送フェージングの周波数ダイバーシチによる改善の一検討
  ◎岸本 丈・成末義哲・橋詰 新・川原圭博・浅見 徹(東大)・川崎繁男(JAXA)(3月18日発表 センター2号館 2F 2214)
JAXA CK-2-5 Dual-band Dual-pole Antenna for compatibility of MPT with communication
  ○Naoki Hasegawa(Kyoto Univ.)・Ju Hyeonjae(JAXA)・Satoshi Yoshida(Kagoshima Univ.)・Akihira Miyachi・Makoto Matsunoshita(JAXA)・Kenjiro Nishikawa(Kagoshima Univ.)・Naoki Shinohara(Kyoto Univ.)・Shigeo Kawasaki(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
JAXA CK-2-6 MIMO制御技術を用いた近距離WiCoPTシステムにおける電力伝送効率と電力伝送領域の拡張効果
  ○桑原達朗・西川健二郎(鹿児島大)・川崎繁男(JAXA)(3月17日発表 センター2号館 2F 2214)
JMACS BI-8-4 ヘテロコア光ファイバの多機能センサ応用
  ○渡辺一弘・西山道子(創価大)・佐々木博幸(Core System Japan)・奈良一孝(古河電工)・掘井尚登・鎌田 仁(JMACS)(3月15日発表 西講義棟 2F 第2講義室 )
JQA C-2-39 同軸コネクタ変換アダプタの特性評価に関する検討
  ○中村真太郎・佐藤恵子(JQA)・堀部雅弘・岸川諒子(産総研)(3月15日発表 センター2号館 2F 2215)
JR西日本コミュニケーションズ BS-6-8 環境センサによる公共空間での人の行動検知の可能性に関する調査
  ◎森岡 新・秋山豊和(京産大)・上善恒雄(阪電通大)・西田純二(社会システム総合研究所)・土屋樹一(JR西日本コミュニケーションズ)(3月16日発表 センター2号館 3F 2302)
JR東日本 D-9-36 新幹線乗車人数推計システムの開発
  ◎伊藤和敬・志小田雄宇・坂入 整・中村真純(JR東日本)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
JR東日本 D-9-37 列車プローブデータを活用した鉄道混雑可視化システムの開発
  ◎志小田雄宇・伊藤和敬・坂入 整・中村真純(JR東日本)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)
JSR B-4-29 高誘電損失材料を用いたW帯用薄型電波吸収体に関する検討
  ◎神田 遼・須賀良介(青学大)・桑原力丸(JSR)・橋本 修(青学大)(3月16日発表 センター2号館 2F 2203)
JST N-2-3 レーザーネットワークを用いたコミュニティ検出
  ○坂口潤将(東大)・玉手修平・宇都宮聖子(NII)・山本喜久(JST)(3月15日発表 センター2号館 4F 2402)
JTB中部 D-9-35 観光行動調査のためのスマートデバイスを用いたアンケートシステム
  ◎長島弘志・渡邉貴之・池田哲夫・大久保誠也・斉藤和巳・武藤伸明・湯瀬裕昭(静岡県立大)・木村ともえ(JTB中部)(3月16日発表 センター2号館 3F 2310)