電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-9-3
ヘルスケアの30年
大内一成(東芝)
2016年から2046年の30年間にヘルスケアの分野で何が起きたかを、高齢化とウェアラブルをキーワードに振り返る。全世界的に超高齢化社会となり、その結果として何が起きたか。2016年頃にたくさんの製品が出ていたウェアラブルデバイスは、その後どうなったか?そしてどこへ向かうのか?社会の変化と情報通信技術の変化の両面から、ヘルスケアの30年の変化を考察する。