電子情報通信学会総合大会講演要旨
TK-7-1
イノベーションに向けたR&D変革
栄藤 稔(NTTドコモ)
多くの経営幹部はイノベーションをR&Dに期待する.しかし,それは世の中の文化までを変える産業構造の変革なのだろうか? 特にICT分野のR&Dは自らの責任を技術開発(インベンション)と商用化に対するリソース提供という範囲に矮小化していないだろうか.それではまるでR&D as an engineering resourceだ.日本の多くの経営者はICTを技術の一つに過ぎないと認識し,産業競争力の源泉にならないと考えている.この考えを打破したい.R&Dそのものが経営と一体となって事業を生み出すべきだ.海外の伝統的企業各社でさえも自社のコンピテンスをデジタル化、サービス化している.企業のマインド変革、人材、サービスの企業間の流動性を高めていく必要がある.R&Dを再定義したい.