電子情報通信学会総合大会講演要旨
NS-1-3
成長貪欲探索法の所望のスパイク列生成への応用
◎山岡 慧・柳瀬勇作・斎藤利通(法政大)
成長貪欲探索法の応用を考えるため、例としてデジタルスパイキングニューロンを取り上げる基本的な数値実験を行い、進化的アルゴリズムの効率を考察する。