電子情報通信学会総合大会講演要旨
NBS-1-13
画像解析による葉菜類の相対成長速度測定
○岩原泰奎・藤原明広(福井工大)
近年、密閉型工場での水耕栽培を行う植物工場が注目を集めている。

この研究は葉菜類の成長解析を、乾燥質量計測に代表される破壊調査

をせずに、カメラで撮影した二次元画像を基に行う方法について研究

する。成長解析では相対成長速度を計測する。本研究では植物工場に

Webカメラ2台設置し、自動的に植物を撮影するプログラム、並びに

画像を時系列的に読み込み、葉を判別、そのピクセル数を数えてCSV

ファイルに保存するプログラムを作成した。近似曲線として指数関数

でフィッティングした結果、相対成長速度RGR=0.3024[day^{-1}]と

推定できた。これは先行研究の破壊検査から得られた値0.04〜0.15

[day^{-1}]とオーダーの値となっていることが分かった。