電子情報通信学会総合大会講演要旨
NBS-1-6
無線LAN搭載ロボット群のリンクアグリゲーション通信性能を向上させる移動協力とその性能評価
◎小松原英将(東工大)・村瀬 勉(名大)・笹島和幸(東工大)
本研究では,無線LANと3G/LTEを搭載したロボット群で構成された調査システムが調査結果を3G/LTEで転送することを想定している.ただし,3G/LTEの回線容量は限られており高スループットを要求されたときには対応できない.そこで複数の回線を束ねて使用するリンクアグリゲーションを用いる.本研究のリンクアグリゲーションは無線LANの通信速度に影響を受けるので,ロボット同士が移動協力して通信性能を改善する.この移動協力を最適化するためには無線通信の特性を考慮しなければならないので,非常に複雑である.そこで本研究では,複雑な最適移動協力と単純な移動協力を比較評価し,最適移動協力の有効性を明らかにした.