電子情報通信学会総合大会講演要旨
NBS-1-4
電力パケットによる電源側への電力の割り当てに関する一考察
◎縄田信哉・高橋 亮・引原隆士(京大)
電力パケットは,電力のパルスに情報をタグとして与えた電力伝送の単位であり,電力をパルスの密度により与える.本報告は,電源側への電力の割り当てを,筆者らが物理層で開発を進めている系に基づき考える.開発したルータは,複数の入力と出力を有し,電力をパケットの情報タグに基づき振り分ける機能を有する.一種類の電力に着目し,ルータに入力される電力の各リンク毎の割合をパケットの密度により与えることを考える.電力の割合と密度の関係を,時間平均により導出し,ダイナミクスを考慮して数値的に検証した結果,電力の電源毎あるいは経路毎の割り当てが,パケットの密度の変調により調整できる可能性が示唆された.