電子情報通信学会総合大会講演要旨
N-1-13
他の解曲線への乗り移り問題を改善した予測子修正子法
◎木下誉章・足立 聖・山村清隆(中大)
非線形方程式の解曲線を追跡することは非線形回路の特性解析やホモトピー法において重要となる.代表的な解曲線追跡法として予測子修正子法が知られているが,この方法では解曲線の追跡過程で他の解曲線に乗り移る場合がある.本論文では,このような他の解曲線への乗り移り問題を改善した予測子修正子法を提案する.