電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-4-25
健康支援のための簡易デバイスによる運動機能の測定
○岡崎哲夫・真田博文・稲垣 潤・本郷節之・松﨑博季・林 裕子(北科大)
健康寿命の延伸を狙いとした健康管理の一環として、簡易なデバイスを用いた運動機能の測定方法を検討した。運動機能として下肢筋力と全身持久力を取り上げ、下肢筋力の測定には30秒間における椅子の座り立ちの回数を計測するCS-30テストを採用し、スマートフォンでは加速度センサデータ、Kinectセンサでは骨格点の座標値に基づく測定法を開発した。全身持久力の測定には3分間歩行テストを採用し、スマートフォンのGPSデータから歩行距離を算出した。GPSデータは、値がずれたデータを除外することにより、精度の向上を図った。