電子情報通信学会総合大会講演要旨
H-4-18
センサーを装着した靴による高齢者の歩行解析
◎秋元理紗・原川哲美(前橋工科大)・戸田友麻・大野洋一・千木良佑介(高崎健康福祉大)
高齢化社会を迎え、高齢者の福祉・介護技術の研究が増加している。特に、つまづきや転倒はその後の生活を大きく変えてしまう重大な事象である。このために、健常者の歩行解析や高齢者の歩行解析が行われてきた。従来、腰や膝、足首にセンサを付けて測定が行われてきたが、高齢者には大きな負担となっていた。今回、靴に超音波距離計や加速度計を装着して足の時間的動作信号を計測した。認知症の被験者の歩行特性を検討したので報告する。